【進路に悩んでいる大学生へ】2020年おすすめの自己啓発本5選

「そろそろ就活も始まるし、将来どうしようかな〜。けどやりたいことも分からないし、どうすればいいだろう」って漠然と悩んでいませんか?

また、「自分の将来について考えたいんだけど、どの本がいいんだろう」って悩んだりしていませんか?

実は、この記事で紹介する本を読めば(考えることももちろん必要ですが)、自分の将来について考える最適な方法を知ることができます。

なぜなら、僕も実際に買って読んでみて、「早くこの本を読めばよかった!」と後悔もしましたし、自分の人生についてすごく考えさせられたからです。

この記事では、大学生の方だからこそ、おすすめしたい本を激選してご紹介します。

記事を読み終えると、人生のことについて考えるにはどの本を読めばいいのかを知ることができます。

キャリアについて考える大学生だから読んでほしいおすすめのビジネス本

1.メモの魔力 (前田裕二)

2.人生の勝算 (前田裕二)

3.働き方5.0  (落合陽一)

4.習慣を変えれば人生が変わる (マーク・レクラウ)

5.もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。(松浦弥太郎)

 

Rinto

どれも買ってみて後悔はしませんでした。逆に読んで良かったと思う本ばかりです。自分の人生や進路について考えたいときにはぴったりです。

 

1.人生の勝算 (前田裕二)

 

<画像参照元:https://www.amazon.co.jp>

Amazonで探してみる

Rakutenで探してみる

前田さんの人生について書かれています。前田さんが今の場所にたどり着くまでのことが書かれています。

この本をおすすめする理由は、人生をどう生きるか考える上で一番大切なことが書かれているからです。

自分の人生を大きく左右する決断をしなくてはいけない就活生や、1年生や2年生でも、これからの人生を考えるきっかけが欲しい人に是非読んで欲しい本です。

 

2.メモの魔力 (前田裕二)

<画像参照元:https://www.amazon.co.jp>

 

Amazonで探してみる

Rakutenで探してみる
先ほどご紹介した「人生の勝算」は「自分らしい人生を歩むための考え方」を書いているとするならば、メモの魔力は、「自分らしい人生を歩むための方法」を紹介している本になります。

この本をおすすめする理由は、人生の勝算とは違い、自分の思いを整理するための質問集も掲載しているため、本を読むというよりも自分と向き合うことができるからです。

前田さんはメモを書くことで自分の思考を整理し、自分の思いを言語化し、可視化し、自分の思いを実現させてきたようです。

人生の勝算を読んでから、メモの魔力を読むとより理解が深まります。

3.働き方5.0  (落合陽一)

 

<画像参照元:https://www.amazon.co.jp>

 

Amazonで探してみる

Rakutenで探してみる

アフターコロナ・With コロナ時代の働き方について述べられています。

おすすめの理由は、これから進路を決めていく若者(主に大学生)に対するメッセージがあるからです。

筆者が読み始めたときは、時代が変わっているよ。これからはこんな未来が待っているよ。

みたいなことかなと思っていたのですが、それだけではなく、こんな未来が待っているから、これからの未来を生きる若者は、こんなスキルが将来は必要になるよ。なんとなく進路を決めていいの?1回立ち止まって自分の進路について考えて欲しいってことでした。

この本は進路を選択できる大学生だから読んで欲しいって思いました。

落合陽一の言葉:

4.習慣を変えれば人生が変わる (マーク・レクラウ)

<画像参照元:https://www.amazon.co.jp>

 

Amazonで探してみる

Rakutenで探してみる

 

おすすめする理由は、「自分は何に幸せを感じ、自分はこれから何をしたいのか」を考えるにぴったりな本になっているからです。

“習慣”という言葉はビジネス本の流行語大賞なのかってぐらい多用されていますが、それもそのはず。

人生を変えたいなら人生を変えるための行動を習慣化する必要があるからです。

この本では、その人生を変えるための習慣化すべき行動が具体的に述べられているだけでなく、人生の幸せについても考えさせられる本になっています。

マーク・レクラウの言葉:

5.もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。(松浦弥太郎)

<画像参照元:https://www.amazon.co.jp>

Amazonで探してみる

Rakutenで探してみる
題名もあるように松浦弥太郎さんが25歳だったらこんなことをしたいという本です。

おすすめする理由は、実際は25歳じゃなくて、自由な時間がる大学生だからこそ読んで欲しいと思ったからです。

この本を読んで行動にすぐ行動に移せるのは、時間がある大学生の特権であり、大学生の強みだからです。

松浦弥太郎さんが書く文章は美しく、筆者が大好きな本です。この本を気に入ってくれた方は是非他の本も読んでみて欲しいです。

自分を見つめたいときは本を読もう

いかがでしたか。

今回は進路について考えたい時に読んでほしい本をご紹介しました。

「自分は何に価値を感じ、何に幸せを感じるのか。」

自分を知ることが、自分の幸せを理解し、自分の将来の方向性を決めていく指針になります。

自分が笑顔で幸せな人生を歩むためにたくさん本を読んでたくさん悩んでください。

みんな悩むからこの本があるわけですから。是非読んでみてください!

Have a nice day!!

Rinto 2020.7.2