留学で疲れたあなたへ。

Australia

留学のパンフレットみたいに

きっと自分は受け入れられて、たくさんの友達に囲まれているんだろうな。

英語(他の言語)がペラペラに話せるようになって、かっこいい自分になっているんだろうな。

こんな理想を夢見ながら留学しました。けど……. 実際に留学してみると、言葉は話せないし、相手が言っていることもあんまりわからない。みんなが笑っているから、自分もなんとなく笑って、なんとなくみんなについて行って。疲れた。そんな辛い思いをしている留学している方もきっといるはず。交換留学に行っていた筆者もそんな辛い時期がありました。このページでは、そんなあなたを少しでも励ましたいと思い書きました。少しでもあなたの心の支えになったら嬉しいです。

スポンサーリンク

辛くない留学なんて本当の留学じゃない

当たり前です。留学なんて辛いことの方が多いです。現地生と同じ授業を受けて、同じレポートを書いて、ディスカッションをする。生活する環境も日本とは全く違います。その上に寮や大学でのイベントや、友達との付き合いもあって。それは疲れますよね。笑

例えば授業。

教授が言っていることも分からない。ディスカッションの授業では、みんなが何を話しているのかも分からないし、意見を求められても何にも言えない。しまいには、交換留学生で、英語ができないんだ。ごめんって言ってしまう始末。自分で何やってんだろ。情けない。

例えば、パーティ。

そこに自分はいるだけ。頑張って話しかけても、アジア人の男だし、大して相手にされない。無理してついて行ったのはいいけど、全然楽しくない。結局悲しくなりながら、自分の部屋に帰る。あーあ。

これは全部、筆者が経験した出来事です。今でも思い出すだけでも悲しいです。心が痛くなります。もしあなたもこのような気持ちを味わっているのならば、本当にお疲れ様です。心が痛むほどわかります。

そんなあなたに伝えたいことがあります。

「できてなくて当たり前。できるようになればいい。」

「もがいている君は誰よりもかっこいい。」

筆者は日本では英語はできる方でした。留学に出発する時も、お前なら余裕でしょ!金髪美女持って帰ってきてね!笑

とか言われて調子に乗っていました。実際留学先ではボロボロ。プライドも傷つきました。なんにもできないじゃんって。

けど今思えば、こんな暗い気持ちになったのは、自分の力を過信していたから。そして留学に一生懸命向き合っていたから。

実際英語で一日中話したこともないし、日本で英語できると思ってたのは、他のみんなが英語を話していないだけ。ただそれだけです。なので、そんな自分を責めないでください。まだ時間はあります。また明日頑張ってみたらいいんです。

そしてもう一つ。こんな辛い想いをしているのは、この状況を抜け出そうと必死だから。あなたが実直にまっすぐに、自分と向き合い、腐らずに、諦めないでいるから。

大丈夫です。辛いのはあなたが成長している証拠です。辛くない留学なんてただの遊びです。

辛い毎日を楽しい毎日に変えるには?

自分を大切にしてくれる人を大切にしよう

自分を気にかけてくれる人をおろそかにしていませんか?別にみんなと仲良くなる必要はありませんし、それは不可能です。自分に話しかけてくれる人、一緒にいてくれる人をもっと大切にしたら、それは一生の友人になるでしょう。筆者はオーストラリアのシドニーに留学していたのですが、留学から1年半後にヨーロッパに住む友人達と会うことができました。本当に嬉しかったです。留学中に、深く付き合うことができたからこそ、また会うことができたのだと思っています。

毎日小さな目標を立てて達成しよう。自分を褒めよう。

なんでもいいんです。授業で隣に座った人に挨拶してみる。先生にわからないことを相談しにいく。コーヒーを買うときに、How are you?って言ってみる。こんな小さな成功の積み重ねがあなたを成長させてくれます。時間が経てば、授業中で発言してみる。など、少しずつチャレンジする回数を増やして行くといいでしょう。筆者は、毎日必ず話しかけることを目標にしてました。こんな小さなことを続けたことで、確実に英語を話す機会も増え、上達することができました。

家族、友達、恋人、誰でもいいから今の気持ちを素直に話そう

別に泣いたっていいんです。信頼できる人に今の気持ちを話してみましょう。きっとあなたが見えていないことを教えてくれるはず。私の友人のアドバイスは、「自分がコントロールできないことは気にしない。自分ができることをやろう。」というアドバイスでした。留学初期の私は友人を作るのに必死でした。無理して友達(大きなグループという方が正しいかも)を追いかけていまいした。周りのみんなに認められたかったんです。けどイマイチ馴染めなくて、周りの目ばっかり気にしていました。けどそんなとき、友人からのアドバイスで気づいたんです。周りが自分のことをどう思うかなんてコントロールすることはできない。自分らしく、無理せず、自分ができることをしていこうと。それ以降気持ちは楽になり、自分を認めてくれる友人達と出会うことができました。

スッキリするまでひたすら体を動かそう

筆者は前向きな気持ちになれない時は、スッキリするまでひたすら走っいました。夜勉強にしようにも、全然進まないし、何言ってるか全然わからないし。夜9時ぐらいに寮を出て、10キロを一気に走ってしまう時もありました。笑 疲れるまで体を動かしてみると、意外にスッキリしますよ。趣味がない人ほど、歩きに出たり、走ったりするのはおすすめですよ。

おわりに

いかがでしたか?少しでも気持ちが楽になってくれれば嬉しいです。留学生活は一生に1回あるかないか。皆さんが辛い時期を乗り越えて、留学って本当に楽しいな!って思える日が一刻も早く来ること願っています。応援しています。

2019.6.12 Rinto

 

コメント