オーストラリア留学にクレジットカードは必要?銀行口座開設はした方がいいのか?

Australia

この記事では、オーストラリアに留学する学生の皆さん向けに、

クレジットカード・デビットカードは作る必要はあるのか?

銀行口座開設は必要なのか?

また開設する場合はどうやって開設するの?

といった留学のお金にまつわる話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

銀行口座を開設し、クレジットカードを持つことは当たり前。

結論からいいますが、①銀行口座の開設は必ず行い、②クレジットカードは発行してから出発しましょう。銀行口座とクレジットカードの分野についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

銀行口座開設のメリット

大きく分けて3つほどのメリットがあります。

①資産管理がしやすく、現金を容易に手にいれることができる。

②割り勘を友人とする時に(友人に代金を支払う時に)、アプリを使って友人に支払いをオンラインですることができる。

③現地の銀行が発行するデビットカード・クレジットカードを作ることができる。

①資産管理がしやすく、現金を容易に手にいれることができる。

日本に住んでいる皆さんは現金が必要なときどこから、どこから現金を手に入れますか?

銀行のATMです。

と答える方がきっと多いと思います。それはオーストラリアでも同じです。銀行のATMからお金を引き出します。

時々、すべての支払いはクレジットカードで行うし、現金は両替すればいい。っていう方もいますが、交換留学のように滞在期間が長期になればなるほどそれは難しいと思います。

そもそも高額の紙幣を両替するのは、手数料がかかることからもオススメしません。

また一度に高額な現金を持ち運ぶリスクも存在します。

加えて、現地に慣れてくると、価値の基準が日本円からオーストラリアドルにシフトし、オーストラリアドルを管理できる口座があると便利です。

また実際にあったのが、奨学金の受け取り先としてオーストラリアの銀行口座を指定されたのが作っておいた方が無難です。

アプリを使って友人に支払いをオンラインですることができる。

正直これが一番の理由です。

現地に10ヶ月生活してみて思ったのが、みんなほとんど現金を持っていません。ほとんどの支払いをデビットカードで支払っています。

周りのオーストラリア人の大学生のスタンダードは、口座を持つ銀行のデビットカードを持つことです。

そう考えると、割り勘の時はどうするんだろう?とか。友人へのお金の貸し借りってどうしてるんだろう。返済する時は?って思う方もきっと多いはずです。

しかし、オーストラリアでは、銀行のアプリを使ってオンラインで済ませます。

そうなんです。めちゃくちゃ便利です。例えば、レストランで友達がまとめて払ったとします。

自分の代金を相手に支払いたい時は、相手の基本情報を登録し、アプリを通して、スマホ一つで支払いを完了させることができます。しかも手数料は基本的にはかかりません。

この理由が銀行座開設をお勧めする1番の理由であるといっても過言ではありません。

現地の銀行が発行するデビットカード・クレジットカードを作ることができる。

先ほどもいいましたが、周りのオーストラリア人の大学生のスタンダードは、口座を持つ銀行のデビットカードを持つことです。

このデビットカードは本当に便利です。支払い時にかざすだけで支払いが完了します。

私が銀行口座で使っていたのは、CommonWealth Bankでした。

CommonWealth Bankに口座を開設後、親から送金をしてもらい、CommonWealth Bankのキャッシュカード兼デビットカードを日頃の支払いに使っていました。

クレジットカードを持つことであなたは最強になれる。

じゃあクレジットカードなんて必要ないんじゃないの?

CommonWealthの銀行口座を開設して、そのデビットカード使えばよくない?

って思う方は多いと思います。

しかし、クレジットカードって持っておいて損はありません。

逆にいえば、クレジットカードを持っていたらメリットしかありません。

簡単な説明になりますが、説明させていただきます。

クレジットカードを留学に持っていった方がいい理由

両親に支払いをお願いしたい時に便利である

留学中には、近くの国々に旅行をしたりするでしょう。また出先で購入した商品の代金を両親に支払ってもらいたい時もあるはずです。

そんな時に日本で作ったクレジットカードがあれば楽なんですよね。

支払い口座にお金を入れといてと言えば、わざわざ親から送金することもなく、スムーズに支払いを終わらせることができます。

海外旅行傷害保険が付与される+免税代金の返金が楽に。

クレジットカードには海外旅行傷害保険という保険が付与されています。

旅行中に発生した事件について、条件が当てはまれば、お金があなたに支払われます。

短期留学ではクレジットカード持つことで、わざわざ保険会社が提供する保険に入る必要がなくなるケースも留学期間によっては考えられます。

例え、期間が長くても、加入した保険に加えて、他の保険にも自動で入ることは全くデメリットにはならないはずです。

また免税品を購入した時もクレジットカードを使用すれば、簡単に返金されます。

詳しいことは省きますが、筆者は免税品をクレジットカードで購入しました。

グローバルブルーという免税の手続きを行う会社があるのですが、カウンターに並ぶことなく、空港に設置されている専用機器で簡単に免税手続きを行うことができました。

クレジットカードがあれば簡単です。

急な・高価な支払いにも対応できる

急に高額なお金が必要なる場合が留学中にはあるかもしれません。

デビットカードの場合は、支払い時に銀行口座から即座に引き落とされます。

しかし、口座残高が足りない場合は、支払うことはできません。

一方、クレジットカードなら気にする必要はありません。支払いは来月になりますので、急な支払いにも対応できます。

ポイントが貯まる

これは留学には直接関係はないんですが……

実は支払いをクレジットカードにするだけで、ポイントが貯まります。

そのポイントは様々な用途に変えることができます。

ちなみに、大体のクレジットカードは200円で1ポイント貯まります。還元率0.5%。

留学生活のほとんどの支払いは銀行のデビットカードで決済したとして、残りの100万円をクレジットカードで支払ったとしましょう。そうなると、5000ポイントが貯まり、5000円の価値があります。

ですが。なんと楽天カードなら100円で1ポイント。還元率1%。

先程と同様、100万円を使ったとすると1万ポイントが貯まり、1万円の価値があります。

支払いをクレジットカードにするだけで、節約になるんです。

まとめ

いかがでしたか?

最後にオーストラリア現地の銀行口座開設のメリットとクレジットカード発行のメリットについて書かせていただきます。

参考になれば幸いです。

2019.4.17 Rinto

 

銀行口座開設のメリット

①資産管理がしやすく、現金を容易に手にいれることができる。

②割り勘を友人とする時に(友人に代金を支払う時に)、アプリを使って友人に支払いをオンラインですることができる。

③現地の銀行が発行するデビットカード・クレジットカードを作ることができる。

クレジットカード発行のメリット

①両親に支払いをお願いしたい時に便利である

②海外旅行傷害保険が付与される+免税代金の返金が簡単に。

③急な・高価な支払いに対応できる

④ポイントが貯まる

 

関連記事:

交換留学 志望動機の書き方

参考記事:交換留学 志望動機の書き方】型に当てはめるだけで、あなただけの志望動機に。

留学と就職活動。出発前のあなたに伝えたいこと。

参考記事:就職活動と交換留学。留学前の準備として【あなた】に伝えたい。

留学に行こうか悩んでいる方はこちらから!

参考記事:さぁ、交換留学に行こう。

シドニーのことならこちらから!

参考記事:【オーストラリア・シドニー】留学経験者がおすすめする穴場スポットを教えます。

参考記事:【オーストラリア・シドニー】深夜まで営業しているカフェを教えちゃいます。

 

 

コメント