さぁ、交換留学に行こう。

Free talk

このページでは、交換留学の意味について考えます。

 

憧れる交換留学。しかし、交換留学を実現するためには、多くの時間と費用とそして努力を必要とします。

本当にこれまでのことをして、交換留学をする意味はあるのか。

 

短期留学でも長期留学でも、留学に出発する人なら考えたことがあるはず。

 

そんな悩みを交換留学経験者の筆者と一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

交換留学することが正解ではない。

多くの大学生に留学してほしいと思っている筆者ですが、全員留学することが正しいとは思ってません。

 

冒頭にも述べましたが、交換留学には多くのデメリットがあります。

 

日本で生活するよりも多くのお金がかかります。

 

家族や友人、恋人とも簡単に会うことはできません。

 

ましては現地生と同じ授業を履修し、必死に勉強する必要がある交換留学。(私はそうでした笑)

 

期間も半年から1年間と長期であるため、そんな軽い気持ちで日本に帰ることはできません。

 

何が言いたいかというと、自分の大学生活の中でやりたいこと(部活・アルバイト・サークルなど)

を留学と天秤にかけて、自分がやりたい方を素直に選んだらいいと思います。

 

大学生活は一度きり。

 

サークル、部活、アルバイト、留学。数ある選択肢の中で、何を選んだとしても、間違いはありません。その選択肢を正解にするのも、不正解にするのも、あなた次第です。自分が選んだのならそれでいいのではないでしょうか。

 

ここだけの話、交換留学って最高です。

そんなことを言っても、交換留学って最高です。そう、最高なんです。

 

筆者はオーストラリアのシドニーで1年間の交換留学を経験しました。

 

振り返れば人生で一番充実した時間だったと思います。

 

人間的に成長しました。

 

自分の中の当たり前は、必ずしも当たり前ではないことに気づきました。

 

自分から行動しないと、何も起こらないと実感しました。

 

自分自身に少し自信がつきました。ずる賢くもなりました。

 

自分ってすぐ緊張するし、ストレスに弱いって気づきました。

 

けどやっぱりやってみて後悔した方がいいって気づきました。

 

何事も経験だと思えるようになりました。

 

人と違ってもいいって思えるようになりました。

 

日本がもっと好きになりました。海が好きになりました。

 

つらつら書きましたが、本当にその通りなんです。

 

本当に交換留学に行って良かった。と心の底から思います。

たった小さな一歩を踏み出すだけで、振り返れば大きな一歩に。

自分のコンフォートゾーンから飛び出し、誰も知らない、見知らぬ場所に行くことは怖いことです。

 

自分が主体的に能動的に行動し、人間関係を構築し、何にもない状態から、自分の居場所を築かなければなりません。

 

だからこそ、交換留学が終わって振り返った時に、多くのことを成し遂げたあなたがいるはずです。

 

別に特別なことをする必要もないんです。

 

All Englishのプレゼンテーションをこなす、友達とパーティに行く。

 

何気ない小さなことの積み重ねは、留学でしか得ることができない経験として、あなたの人生をより豊かにしてくれます。

 

応援しています。留学はきっとあなたを成長させてくれるはずです。

2019.2.22 Rinto

 

シドニーのことなら以下の記事もチェック!!

【オーストラリア・シドニー】留学経験者がおすすめする穴場スポットを教えます。
...
【オーストラリア・シドニー】深夜まで営業しているカフェを教えちゃいます。
...

志望動機の悩みならこちら!

【交換留学 志望動機の書き方】 型に当てはめるだけで、あなただけの志望動機に。
...

 

 

コメント