おすすめの大人のアニメ。コジコジをご紹介します。

Free talk

よし今日は時間あるし、映画や本でも読もうかな!

「けど、映画は真剣に見なくちゃいけないし、本で字を追いかける気分じゃないな。」

そんな方もきっと多いはず。そんな、ラフにゆったりとしたいあなたにオススメの大人のアニメを紹介しちゃいます!

決して、セクシーなアニメではないのでご安心を。笑

 

スポンサーリンク

大人だからこそ見たいアニメ=コジコジ

皆さんコジコジを知っていますか。知っている方も知らない方も多いはず。

ちびまるこっちゃんの作者である、さくらももこさんの漫画です。

それがアニメ化され、1994年から1997年にかけてTBSで放送されました。

なんだ、ちびまる子ちゃんの別バージョンか。って思われる方も多いですが、待ってください。

本当にシュールで笑えます。マジで笑えます。wwww

大人だからこそ、気づくことができるメッセージ性が強いシュールなギャグ漫画になっています。

コジコジの世界はメルヘンの世界

From: http://cojicoji.site/about.html

 

コジコジって設定はすごいテキトーです。笑

登場する一癖も二癖もあるキャラクターは全てメルヘンの世界に住んでいます。

メルヘンの世界に住んでいる住人は人間を楽しませる役目があります。

そのため登場するキャラクターは、人間と同じように、日々学校に通い、一人前のキャラクターになるための教育を受けています。彼らの先輩としてスヌピーやミッキーマウスが挙げられ、作品の中でも名前だけ登場します。

そのためアニメでは、学校生活が中心に描かれています。

しかし、画像の中にある紹介文にある

映画「フォレスト・ガンプ」にも通じる世界を、さくらももこは5年も前から、「コジコジ」という作品で呈示続けてきました。

From: http://cojicoji.site/about.html

とも書いてあります。映画見たことない人は是非。感動する名作です。

フォレスト・ガンプの何かを体現しているとすれば、コジコジには深いメッセージがあるのかも。

皆さん自身が感じてください。

登場キャラクター

設定は上に書いた感じで十分でしょう。笑

後は個性強すぎるキャラクターがあなたを笑いの渦へ誘うでしょう。笑

少しキャラクラーの紹介をして、後はオススメの回をご紹介したいと思います。

コジコジ

From: http://cojicoji.site/character.html

このアニメの主人公。ゆるーい感じを醸し出していますが、毒舌です。周りの空気を読まないボケは最高ですね。

次郎くん

From: http://cojicoji.site/character.html

コジコジがボケ担当なら、彼はツッコミ役。彼のゆるいツッコミが半端なく面白い。彼がいてこそのコジコジです。次郎くんは半分鳥で半分鳥の半漁鳥。コジコジからは中途半端だね。っていじられています。笑

他にもたくさんのゆるキャラが。チェックして見てください。

さくらももこ劇場 コジコジ

とりあえずこれを見よう。

*吹き出しの次郎くん・コジコジは、<http://cojicoji.site/character.html>よりお借りしています。

【公式】コジコジ⑤ コジコジのきつい一言 その① <スマホ視聴推奨>

 

次郎くんが言っているように、

バカなふりして、ムカつくことだけは的を得ているんだよなぁ。

そうなんです。あんなゆるーい感じを出しといてめちゃくちゃ悪口言うんですよねwww

なんか子供でも理解できる内容ではありますが、なんかじわじわ来ませんか?笑

歳を重ねたからこそ理解できる、シュールな面白さがここにはあります。笑

あなたに伝えたいコジコジの名言・哲学

しかし、哲学的な要素があるのがコジコジ。

いくつかの名言・哲学をご紹介します。

第一話

コジコジVS先生

 

コジコジはコジコジだよ。

見てもらえばわかるのですが、コジコジは将来の夢を聞かれてこう答えます。

シンプルですが深いですよね。その前のくだりにもありますが、

遊んで寝て食べて寝てるだけじゃ悪いの?盗みや殺しや詐欺なんてしてないよ?

真理を得ていますよね。

第5話 手紙を書こう

アニメ 2018 「コジコジ」 – 第5話「手紙を書こう」

 

相手にしてくれなきゃこっちも相手にしなきゃいいのに。

お正月スペシャル

アニメ 2018 「コジコジ」 – SP「お正月スペシャル」

 

飛べない時はゆっくり休めばじゃいいじゃん。仕方ないよ。飛べないんだからさ。どうせ飛べないなら、心配するより休んだ方がいいよ。

 

この上の2つは好きですね。相手にしてくれないなら、相手にしなければいいし、疲れて頑張れない時は頑張らなくてもいい。休めばいい。

なんか心に残るコジコジの名言です。

さりげなく、的を得た名言も多いのがコジコジです。見れば見るほど、コジコジの面白さ、シュールさ、深さに気づくはずです。

もっと深く。社会学的に考えてみる。

コジコジは笑えるアニメとして楽しむことができますよね。

しかし、笑いがあると同時にある大事なものを教えてくれている気がします。

それは、【多様性の理解】

この回を見て見てください。

【公式】さくらももこ劇場 コジコジ 第49話

 

ファッションショーの中で、ジョニー君はお金がないため、服を買うことができずに、いつもの服で来てしまいました。

しかし、そんな彼を見て、ペロちゃんをはじめとするキャラクターがこういいます。

「どんあ服を来ても本人は変わらないよ。いつもどうりがいちばんいいよ。」

 

コジコジに登場するキャラクターは誰一人同じではありません。

容姿も性格もバックグラウンドも全く違います。そして彼らには揺るがない個性があります。

 

例えば、ハレハレ君とジョニー。彼らはお互いを愛する同性愛者です。

ルルと吾作。同じ天使ですが、容姿は全く違い、性格も違いますし、考え方も違います。

スージーとブヒブヒ。彼らはメルヘンの国に住んでいながら、悪役という側面を持ち合わせています。

 

いかがですか?

コジコジの世界には、いろんなキャラクターがいます。みんな違っています。

私たちが住んでいるこの世界もいろんな人がいます。

グローバル化が進み、情報が世界で共有するされ、価値観が多様化している中で、自分とは違うモノ(文化・容姿・価値観)を受け入れる力は求めれているのではないでしょうか。

他者との違いを認めることができる力。自分と違う生き方を肯定する力。

こんな大切なことをコジコジが教えているのかも知れませんね。

まとめ

いかがでしたか。

一味違ったアニメ。大人が楽しめるアニメ。それがコジコジです。是非ご覧あれ。

YouTube

2018.9.25 Rinto

Free talk
スポンサーリンク
gummy-lovers.com

コメント