【心に響く名言 ココ・シャネル】サバイバル・ウェディングから学ぶ

サバイバル・ウェディングから学ぶ

こんにちは!Rintoです。先日、今現在放送されているドラマ「サバイバル・ウェディング」を観ていた時のこと。このドラマの事について詳しくは述べませんが、主人公はファッション雑誌の出版社に勤務しています。この関連で、シャネルやコーチなどの高級ブランドの歴史などのウンチクを知ることができるのですが、今日の名言はここで出会った一言。このドラマは普通に面白いので、是非観てみてください。ホームページのリンクを下に貼っておきますね。

https://www.ntv.co.jp/survival-wedding/

ココシャネルの名言

20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔にはあなたの価値がにじみ出る。

ココ・シャネルは言わずともしれた有名ブランド、シャネルの創業者。

正直にいうと、私は男性なのであまりシャネルのことは知りませんが。エレガントな上品なイメージがありますよね。

話を戻すと。この言葉を自分なりに解釈してみます。

人の顔は20歳を過ぎるとその人の人生・性格を表すようになる。

テレビを見ていると母がよく言うのですが、あの人は良い顔をしているよね。悪い顔をしているとか。

これは顔が整っているかどうかの問題ではなく、顔に滲み出るその人そのもの。

やっぱり人生楽しんでる人は自然と良い顔になるのは、なんとなく理解できてしまいます。

外見は内面からとも言われますが、自分の内面を豊かに保つことが大切なことかもしれません。

自分が楽しいな。幸せだな。って思える人生を歩みたいですね。

そんな意味でも20代で、海外赴任をするっていう目標に向かって、仕事に取り組んでいきたいなって思ってます。(まだ働いていないですが。笑)

そして、海外赴任を成し遂げて、就活の時に自分が話していた、「一人の日本人として、日本だけでなく世界にも価値を与えられる人になる」という目標に近づきたいなって思ってます。

最後に

これからも感動した名言があったらシェアしていきたいなと思います。なんか人間っていつどんな時代も同じ悩みを持っていて、過去の人から学べることも多いと勉強になりました。なんか感動してしまいました。

サバイバルウェディングの以下の記事もチェック!

【心に響く名言 人生の選択】サバイバル・ウェディングから学ぶ

【心に響く名言 ココ・シャネル】サバイバル・ウェディングから学ぶ Part2

見逃した方もHuluで全話見ることができるみたいなので、要チェックですね!

Hulu

2018.9.3 Rinto