【学生必見!コロナで留学が中止・延期になった人へ】オンライン留学する方法

今回は、留学に行きたくても行けなかった人やこれから留学をしようとしていた方向けに、オンライン留学する方法をお伝えします。

なぜなら、筆者も実際に実践してみたのですが、この方法なら勉強の面では留学生活に近づけることができると確信したからです。

この記事を読むことで、今のコロナの自宅待機の時間を有意義な、自分を成長させる時間にすることができます。

 

れは不完全燃焼だよね。

せっかく準備したのに、せっかく勉強をたくさんしたのに、まさかの中止。

これは辛いよね。なんで自分の年に限って留学できないんだろうって思うようね。涙

筆者も留学経験があるからこそ、みんなに留学してほしいって心の底から思ってるからこそ、本当にこのコロナって嫌だなって思う。

けど、もうコロナウイルスは無くならないし、しばらく海外に行くことも、ましてや外に出ることもできない日々はまだまだ続くと思う。

例え、緊急事態宣言が終わったとしても、コロナウイルスの不安はなくならないから、そう言った意味では、コロナ前の生活ができるようになるのはだいぶ先になりそうだよね。

高校生や大学生のみなさんは今までどのように時間を使って来ましたか?

海外旅行に行っていた人や、留学の費用を貯めるためにアルバイトをたくさんしていた人、たくさん友達と遊んでたくさん笑ってた人、留学のために必死に勉強していた人、みんな思い思いの時間を過ごしていたと思います。

じゃあそれができない今。何をしようか悩んでいる人はたくさんいると思うんです。

コロナウイルスの影響は数年はあると思うので。大学在籍期間中に留学できるか正直怪しいと思います。涙

となると留学はどう頑張ってもいけない。時間も帰ってこない。

けど逆に、自分と向き合って自分が挑戦したかったことにチャレンジできる時間は増えました。

人に会えないからこそ、自分にすべての時間を投資できる環境が今あります。

もうそしたら、オンライン留学しちゃおう。せっかくの時間。1ヶ月でいい。

現代のテクノロジーをフル活用して、留学してみよう。英語を勉強してみよう。

オンライン留学する方法

1.Courseraに登録して3〜4講義受講しよう。

コーセラは、スタンフォード大学コンピュータサイエンス教授Andrew NgとDaphne Kollerによって創立された教育技術の営利団体である。世界中の多くの大学と協力し、それらの大学のコースのいくつかを無償でオンライン上に提供している。(wikipediaより)

コーセラの強みは何と言っても無償で有名大学の授業を履修できてしまうこと。筆者も受講して見ましたが、留学の授業そのものでした。

授業風景はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

Courseraは英語を学ぶ場ではありません。英語で何かを学ぶ場です。

これはまさに留学そのものです。

そういった意味で実際に留学しているかのような感覚に陥ります。それだけこのCourseraっていうのは魅力なサイトです。

全てオンラインで完結しますし、留学の授業を体験することができて、有料のコースもあるものの、無料のコースを選択すればお金はかかりません。

最高ですね。

しかも先生が話していることが分からなくなるということもありません。原稿があるので、リスニングがたとえ苦手だったとしても原稿を目で置いながら学習を進めることができます。

また、Courseraには理解度を確認するためのテストもあります。Online Quizって呼ばれるテストなのですが、これも筆者が留学していた時に何回も必死になりながら解いたのを思い出します。

ちなみにオーストラリアではFull-timeの学生になるためには、3科目か4科目を1semester で受講する必要があります。

なのでオンライン留学するなら3教科か4教科に挑戦してみましょう。(結構大変だと思うので自信がない方は2教科がおすすめです)

これを受講するだけでも力になるし、自分の知識を深めることもできます。

とりあえずやってみよう。オンライン留学ってこんな簡単に実現するんです。

登録はこちらから。(Facebbokのアカウントでもログインできます。)

2.オンライン英会話でひたすら英語を話そう、英語を書こう

Courseraはまさに筆者が交換留学していた時の授業そのものでした。

しかし、圧倒的に足りないものがあります。

それはSpeakingです。オンラインでも講義型だとどうしても自分の思いや考えを英語で表現する機会が得られません。

そこでオンラインで英語を話す機会を自ら作ることが必要になります。

交換留学に行く予定だった方はせっかくIELTS・TOEFLで合格スコアを取るためにスピーキングを練習していたのですから、今のスピーキングレベルを落としてしまうのはもったいないです。せっかくならもっとうまくなりましょう。

これから留学に行こうかなと思っていた方は、ぜひ英語を話す環境を今のうちから確保してほしいです。

意外に英語は話せないものです。筆者が留学に行った時は、周りの世界各地から来た交換留学生の言っていることもわかりませんでした。

TOEICでいい点が取れても、オンライン英会話であらかじめ英語を話していたとしても、英語で人とやりとりをする・英語で何かを発信することを今までしていなったから当たり前です。

英語で表現し続ける、英語で話し続ける必要があります。

また、Writingの機会も足りません。留学中は何度もエッセイを提出することが求められるからこそ、ライティングする機会も作る必要があります。

ライティングに関しては自分で意識的に取り組むしかありません。自分で教材を見つけて自分で書いて見て、それを先生に添削してもらって、それを自分で復習するのがベストの方法だと思います。

ライティングは先生次第なところがありますので、いい先生を見つけることが必要ですね。

ではどこのオンライン英会話だと、上記のオンライン留学に求める①Speaking②Writingを行うことはできるのか。

それは以下の参考記事で説明していますので、よかったら読んでみてください。

コロナで今後の留学はどうなるのか

楽しみにしていた留学が延期になってしまった方、本当に悲しいと思います。

今後、2年ぐらいは留学しづらい環境が続くと思います。(悲しいことに、外から来る人に対しての目が厳しくなっているからです。)

誰のせいでもないこと分かっているけど、悔しいし面白いくないですよね。

しかも友達にも会えないし、遊びに行けないのは、想像以上に苦痛です。

けど、今はポジティブに考えると(スーパーポジティブですが….笑)

今は自分の時間を一番持てる期間でもあります。全ての時間を自分に使うことができるんです。

留学ができない?じゃあできる限りの留学をしてみませんか?

本日は、少しでも留学に行くことができなかった人に向けて記事を書きました。

少しでも役に立てることができたら嬉しいです。

それでは今日はこの辺で!

Have a nice day!

Rinto 2020.05.09