【型に当てはめるだけ】周りと差をつける交換留学の志望動機の書き方

Free talk

このページでは、留学を実現する際に必要な「志望動機」の書き方をお伝えします。

 

大学の留学制度を利用する際には、必ず求められるのが、志望動機。

 

何を書けばいいのか、分からずに手が止まってしまうこともあると思います。

 

実際に大学の留学制度を利用し、オーストラリアの大学に1年間交換留学していた筆者が、書き方のコツをお伝えします。

英語の志望動機の書き方はこちらのページを参考にしてみてください。

参考記事:これを見て型を真似るだけ。【交換留学志望動機を英語で書く方法】

スポンサーリンク

志望動機の型

志望動機の型は以下の通りです。

 

1.自分がなりたい理想像・自分が達成したい目標

2.なぜ1のようになりたいと思ったのか。なぜそのような目標を達成したいと思うのか。

3. 留学が必要な理由→留学で行うこと

4.なぜ数ある選択肢の中から、その国を選択し、その大学にしたのか。

5. 伝えたいことの強調(まとめ)

 

詳しくみていきましょう。

自分がなりたい理想像・自分が達成したい目標

 

一番大事なのは、1行目です。

 

自分の将来のゴール(目標)を示す必要があります。

 

皆さんに覚えておいて欲しいのは以下の2点。

 

自らが持つ大きな目標を達成するために、留学するということ。

理想の自分に近づくために留学するということ。

 

そうなんです。留学するということは、自らのゴールを達成するためのステップであるんです。

 

したがって、最初の文は、自分の将来のゴール(目標)を示します。

 

【日本と世界の架け橋になる人材になりたい】

【世界中の人々を笑顔にするホスピタリティのプロフェッショナルになりたい】

【世界に価値を与えられる日本人になりたい】

 

あなたの持っている【WANT(ウォント)】を最初の文でぶつけましょう。

なぜその目標を達成したいと思うのか

 

一行目には、皆さんが持っている目標を書きました。

 

では次に書くべきなのは、「なぜそのような思いを持つようになったのか」です。

 

つまり、過去の出来事や経験を書くことによって、一日や数時間で考えた目標ではなく、

 

自分が生きてきた中で芽生えた、とても意味深い目標であるということを伝えます。

 

例えば、【世界に価値を与えられる日本人になりたい】が目標だとするならば、

父が海外駐在員として世界で活躍する姿を見て、誇りに思ったから。

 

【世界中の人々を笑顔にするホスピタリティのプロフェッショナルになりたい】が目標ならば、

アルバイトとしてカフェで働く中で、外国人のお客様の対応した。

言語の壁を超えて、相手の立場に寄り添って精一杯のおもてなしをすることで、お客様の安心した顔と笑顔を見ることができ、その瞬間に大きなやりがいを感じたから。

 

求められている文字数に応じて、長さは調節してくださいね。

 

留学が必要な理由

 

ここまでは、【目標】【なぜその目標を達成したいのか】を書いてきました。

 

次に書くことは、【留学が必要な理由】です。

 

つまり、自分の目標を達成するための手段として、留学は必ず必要なことであると伝える必要があります。

 

流れとしては、

私には目標があり、目標を達成するためにはこんな要素や能力が必要だ。

→(今の自分には無いものだからこそ、足りないものだからからこそ)

→留学ではこのようなことを行い、そのような要素や能力を身に付けたい。

→だからこそ、留学は必ず必要な経験である。留学に行く必要がある。

 

例えば、

 

【世界中の人々を笑顔にするホスピタリティのプロフェッショナルになりたい】(目標)

 

アルバイトとしてカフェで働く中で、外国人のお客様の対応した。

言語の壁を超えて、相手の立場に寄り添って精一杯のおもてなしをすることで、お客様の安心した顔と笑顔を見ることができ、その瞬間に大きなやりがいを感じたから。(目標の理由)

 

この目標を達成するためには、1)語学力、2)ホスピタリティの勉強、3)異文化理解能力が求められ、「留学」が自分の将来の目標に近づくためには、必ず必要だと確信している。(留学が必要な理由)

 

留学中は、ホスピタリティを専攻し、理解を深めようと考えている。また、様々な国籍の人々や現地の人々との交流の機会を持つために、現地の日本語会話サークルや、今まで続けてきた軽音サークルに所属するつもりである。(留学で行うこと)

 

 

こんな感じですかね。理想の自分と今の自分にはギャップがある。だからこそ、留学で様々な経験を積むことで、理想の自分に近づきたい。したがって留学が必要である。

 

この流れは非常に大切です。ここまでかけたら、もう少し。頑張っていきましょう。

なぜ数ある選択肢の中から、その国を選択し、その大学にしたのか。

次に書くことは、なぜその国のか。またなぜその大学を選ぶのか。

 

ここでポイントなのは、その国の特色を掴んだ上で、その大学が持つ強い分野・売りにしているところを強調していきます。

 

筆者が留学したオーストラリアを例にすると、

 

私は留学先として〇〇大学を選んだ。なぜならば私が学びたい分野である「共存し持続性のある発展できる社会」を学ぶことができ、Social Sciences and Managementの分野の指導に定評があり、自分が求めている授業を履修することができると考えた。(この大学である理由)

 

さらにオーストラリアは多民族国家であり、様々なバックグラウンドを持つ人々が共存している。そのような環境のなかで、世界幸福度度ランキングでは4年連続で1位を獲得するなど国民の国に対する満足度が高い。私が学びたいテーマである共存と発展を実現しているのがまさしくオーストラリアであり、だからこそオーストラリアで学びたい。加えてオーストラリアは留学生に対しての保護を定めた希少なESOSという国内法が定められており、留学の環境が整っている。(オーストラリアである理由)

 

他にも留学生の受け入れ数や大学のランキングなども注目したいところ。また、映画学・ホスピタリティ・観光学など、日本ではなかなか学ぶことができない、専門性の高い分野を勉強したいのではあれば、ここのパートはそれを強調すると良い。

 

伝えたいことの強調(まとめ)

 

 

最後には言いたいことを強調。

最初に述べた自分のゴールにつながるように書きましょう。

 

私は〇〇大学で留学を体験し、共存し持続的な社会について考えることにより、日本を見つめ直し、これからグローバル化する日本社会に貢献できる人材の一翼を担いたい。グローバル化が進む中、世界と日本が共存し、発展していくためには政治的・文化的に互いのことを理解することがまずは必要だと考える。留学によって様々な価値観に出会い、自分の中の常識を壊し、視野を広げ、人間的にも成長できると信じている。将来の目標である【日本と世界の架け橋になるような人材】になるためにも留学を必ず実現させたい。

終わりに

いかがでしたか。

少しでも志望動機を書く上で参考になってくれたら嬉しいです。

志望動機で詰まったとしても、交換留学なら一度行くだけの価値は必ずあります。

少しでも多くの大学生に留学をして欲しいと思っています。

最後に書き方のまとめと志望動機の例文も載せておきますね。

 

1.自分がなりたい理想像・自分が達成したい目標

2.なぜ1のようになりたいと思ったのか。なぜそのような目標を達成したいと思うのか。

3. 留学が必要な理由→留学で行うこと

4.なぜ数ある選択肢の中から、その国を選択し、その大学にしたのか。

5. 伝えたいことの強調(まとめ)

 

私は【世界に価値を与えられる日本人になりたい】と思い、〇〇大学の交換留学を志望します。

父が海外駐在員として、文化や言語などの壁を乗り越えながら、現地の人々と仕事を共にする姿に感動し、世界で活躍する父を誇りに思ったからです。

この目標を達成するためには、1)語学力、2)世界各国の人々との交流3)異文化理解能力が求められ、「交換留学」が自分の将来の目標に近づくためには、必ず必要だと確信しています。

そのため、留学中は、様々な国籍の人々や現地の人々との交流の機会を持つために、現地の日本語会話サークルや、今まで続けてきた軽音サークルに所属したいと考えています。

私は数ある留学先の中でも特に〇〇大学を志望しています。なぜならば私が学びたい分野である「共存し持続性のある発展できる社会」を学ぶことができ、Social Sciences and Managementの分野の指導に定評があり、自分が求めている授業を履修することができると考えからです。

さらにオーストラリアは多民族国家であり、様々なバックグラウンドを持つ人々が共存しています。そのような環境のなかで、世界幸福度度ランキングでは4年連続で1位を獲得するなど国民の国に対する満足度が高く、私が学びたいテーマである共存と発展を実現しているのがオーストラリアであることからも、オーストラリアで学びたいです。加えてオーストラリアは留学生に対しての保護を定めた希少なESOSという国内法が定められており、留学の環境が整っていることも魅力的でした。

私は〇〇大学で留学を体験し、共存し持続的な社会について考えることにより、日本を見つめ直し、これからグローバル化する日本社会に貢献できる人材の一翼を担いたいです。グローバル化が進む中、世界と日本が共存し、発展していくためには政治的・文化的に互いのことを理解することがまずは必要だと考えれます。留学によって様々な価値観に出会い、自分の中の常識を壊し、視野を広げ、人間的にも成長できると信じています。将来の目標である【日本と世界の架け橋になるような人材】になるためにも留学を必ず実現させたいです。

 

2019.1.30 Rinto

 

交換留学か語学学校で悩まれている方は、この記事も読んでみてください。

参考記事:【徹底比較】語学学校vs交換留学 読むだけで留学のリアルが分かる!

 

コメント