【わたし、定時で帰ります。】から学ぶ名言。あなたはどう思いますか?第5話。

drama

このページでは、火曜よる10時から放送されているドラマ、

「わたし、定時で帰ります。」の名言や筆者が気になったことを書いています。

前回の筆者が好きだったドラマ、「サバイバルウェディング」同様、考えさせられることが多い気もします。

今回は第5話。

公式ホームページは、出演している役者さんたちのインタビューも載っているので、面白いので是非読んでみてください!

公式ホームページはこちら

引用:ドラマ公式ホームページ

スポンサーリンク

第5話 あらすじ

仕事って誰のためにするんだろう?

今回は第5話。

主な話としては、セクハラ・パワハラと働き方。

なんか見終わった後は悲しくなりました。

セクハラも大きな問題ですが、ここでも働き方について思うことがあったのでそれについて話そうかなって思います。

先に今回の名言を言っておきます。

自分を大切に仕事をしよ。

自分を犠牲にしてまでやる仕事ってあるのか。

仕事って社会のためや人のためにやるものなのでしょうか。

仕事を通して生まれる価値は確かに世の中や人のためになるのかもしれません。

けど仕事というのは、自分があってこそ。

自分を大切にできていない時。

それは、無理をして、とりあえず笑って。素の自分を隠している時。

それだと人って潰れると思います。

一時的なことならいいんですが、仕事は24時間のうちの8時間を占めています。

莫大な時間を過ごす仕事だからこそ、素の自分を出せる、互いを尊重する仕事の環境があるといいですよね。

【自分を大切に。】

って本当にいい言葉だと思います。

つまり自分をケアする時間が必要ってことだと筆者は思っています。

わりかと、自分で今日はこれをしようと思っていても、自分のことは後回しで、他の人の誘いに乗ることって多くないですか?

自分が自由に使える時間を確保していますか?

繰り返しになりますが、筆者的には、

【自分を大切にする。】=【自分をケアする時間を持つことだと思っています。】

コーヒーを飲むことでもいい。漫画でもゲームでもランニングでも。その方法は人それぞれ。

自分を大切にしながら仕事をしませんか?

2019.5.15 Rinto

 

dramaFree talk
スポンサーリンク
gummy-lovers.com

コメント